A-kurashi

えー(良い)暮らし・明るい暮らし・飽きない暮らし…etc. あーちょりんの暮らし♬

スポンサーリンク

CoCo壱番屋監修『チーズカレー鍋スープ』が普通に美味しい!|鍋料理の脱マンネリ

f:id:achorin:20201117181354j:plain

いつもご訪問くださる方、そして初めましての方も、当ブログへお越しいただきありがとうございます。あーちょりん(@achorinrin)です。

冬になると、週一くらいのペースで鍋料理をするので、これからちょっと鍋ネタが増えてくると思います(笑)。

今回は、ちょっと特殊な?鍋スープにチャレンジしてみました!

CoCo壱番屋監修チーズカレー鍋スープ|ダイショー

f:id:achorin:20181116163440j:image

今回チャレンジしてみたのは、ココイチ監修のチーズカレー鍋スープです!

お店で発見して、旦那くんが随分と食いついた結果の購入です(笑)。

「結局のところ、カレーだよね??」と思うのは私だけでしょうか?(笑)

鍋料理と称して良いのか、ちょっと戸惑う感じが面白いですね♪

今回の材料

f:id:achorin:20181116163447j:image

今回も、いつものように冷蔵庫と相談して具材達を決定。

チーズカレー味ともなると、今から鍋料理が始まるとは思えない顔ぶれになりました(笑)

「カレーなんだから、茄子が合わないわけないでしょー!」
→茄子決定。

「ほうれん草カレーが存在するんだし、小松菜だって似たようなものでしょー!」
→小松菜決定。

「パッケージの写真にはトマトが入ってるし、プチトマトあるからプチトマト入れとこ。」
→プチトマト決定。

(カレー味に煮込まれた餅巾着の味を想像してみる)
「うん、合う!」( ←ほんとに!?!?(笑) )
→餅巾着決定。

もう何でもあり状態です(笑)。

できあがり

f:id:achorin:20181116163451j:image

そんな感じで、完成したのがこちらです!
色鮮やかで、なかなか素敵な仕上がりになったかも!(そうでもない?)

茄子は、そのまま入れると水っぽくなりそうな気がしたので、油を引いたフライパンで少ししんなりする程度に炒めてからスープに投入しました。

小松菜は、あく抜きの下処理が不要なので、ほうれん草を入れるより楽チンです♪

プチトマトは、事前に湯むきをしておいてから最後に投入。
皮が気にならなければ、そのまんま入れちゃった方が時短になりますね!

締めは追いチーズリゾット

f:id:achorin:20181116170639j:plain

最後は、具材を少し残した状態でごはんを投入。

煮立ったところで溶けるタイプのスライスチーズを2枚入れ、かき混ぜたら完成です!

チーズカレー鍋なのに、更にチーズを追加するという暴挙に出ました!(笑)

この際、カロリーは気にしません(笑)。

俺はダイエット中なのに・・・

おわりに

お鍋でスープを温めて沸騰してくると、ものすんっっごくチーズカレーの香りが立ってきます!空腹で調理を開始してしまったら拷問級の香りです(笑)。

味は、チーズが入っているのでかなりマイルドで、辛さはないです。
子供ウケはかなり良いと思います!(チーズが嫌いでなければ) 

今回入れた具材達は、どれもスープとの相性が良くて、旦那くんとふたりであっという間に完食でした!

締めのリゾットは、「これは、追いチーズが良い仕事をしているね!」と、旦那くんから嬉しいコメントも貰いました♪最終的には、旦那くんもカロリーを忘れて平らげてましたよ(笑)。

いつもの鍋料理に飽きてしまった時の変化球として、なかなかおすすめの鍋スープだと思いました!

そんなこんなで、
最後までお読みいただきありがとうございました☆

ページトップボタン