A-kurashi

えー暮らし(良い暮らし)・明るい暮らし・飽きない暮らし・・・etc. あーちょりんの暮らし♬

【ぶっかけそうめんレシピ】梅トッピングで疲労回復と夏バテ防止!しらすでカルシウムも補います!

f:id:achorin:20190704131126p:plain

いつも訪問してくださる方、そして、初めましての方も、当ブログへお越しいただきありがとうございます。あーちょりん(@achorinrin)です。

今回の記事は、お素麺レシピの記事になります。
暑い夏はもう目の前!ということは、私の食欲減退も時間の問題!(というか、もう既に落ちていますけど…)ということで、真夏の私の食を支えてくれるお素麺レシピを公開してみたいと思います(*`・ω・´)ノ

※当記事は、過去に投稿していた記事に加筆修正を加えたものです。

とことんさっぱり梅素麺

f:id:achorin:20190704130942p:plain

材料(2人分)

  • 素麺・・・4把(200g)
  • 梅干し(大)・・・2粒
  • 大葉・・・6枚
  • 柴漬け・・・適量
  • しらす・・・適量
  • ヒガシマルぶっかけそうめんつゆ・・・適量

ヒガシマルぶっかけそうめんつゆが無かったり、自宅に常備してあるそうめんつゆで済ませたい!というような場合等、臨機応変に他のそうめんつゆで代用していただいて大丈夫です(*`・ω・´)ノ

作り方

  1. 大きめのお鍋にお湯を沸かし、素麺のパッケージの指示通りに素麺を茹でる。(お好みの固さに茹でてください)
  2. 大葉を洗って水気をしっかりと拭き取り、葉柄部分を切り落として千切りにする。柴漬けは粗めのみじん切りにする。
  3. ①が茹で上がったら、ザルにあげて流水で洗う。(この時、布巾を洗うような手つきで素麺を洗うと、ぬめりが取れて良いです)
  4. ③の水気をしっかりと切って器に盛り、麺の上に②と しらす と梅をトッピング。ぶっかけそうめんつゆを適量注いだら完成。

コツ・ポイント

  • 麺とめんつゆを、とにかくしっかりと冷やすこと。
  • 茹で上がった素麺を洗う際、氷水を使用すれば麺の冷たさとコシがUPして美味しい麺に仕上がります♪


お素麺を茹でる時間すら惜しい!!という場合は、流水麺がおすすめです(*`・ω・´)ノ

水でほぐすだけですぐに食べられるので(水でほぐさず、直接めんつゆをかけてほぐして食べることもできる)、時短中の時短ですね(*´﹀`*)ラクチン♡

忙しくてどうしても時間が足りない時、疲れていてどうしてもやる気が出ない時などは、便利商品はどんどん活用しちゃいましょう!

cookpadにも掲載中

この梅素麺のレシピは、クックパッドにも掲載しています(*`・ω・´)ノ

ちなみに、クックパッドに投稿しているレシピの中で、一番人気のあるレシピはこちらです↓

↑この青梗菜のレシピは【冷製】なのですが、思いがけず、オールシーズンつくれぽをいただいております(*・人・*)カンシャ♡

ちょっぴり妄想

お料理が好きで、素敵な食器類を集めることも好きなのですけど、私は旦那くんの実家に嫁いできた形なので、食器も家具も全て元からあるものを使わせてもらっています。なので、私の好みで存在している食器類は一つもありません。食器棚は溢れんばかりにいっぱいなので〔というか、雪崩れて上から物が降ってくることがある(苦笑;)〕、私好みの食器を追加で増やすという楽しみもありません(´・ω・`)ションボリ...

そんなわけで、お料理をする時は、「このお料理はこんなお皿に盛りつけると素敵に仕上がるだろうな〜♪」なんて、ひとり頭の中で妄想を巡らせて楽しんだりしています(笑)。

今回のようにお素麺であれば、視覚的にも清涼感がでるように、やっぱりガラス製の素麺鉢に盛りつけられるといいな〜✧◝(*´꒳`*)◜✧˖
〔上の梅素麺の写真で使用している器は、ただの丼なのでねー。ブルー系(涼しめの色)だったことがまだ救いかなぁ?(笑)〕

冷やし麺、冷製パスタ、サラダ、等々、いろんなお料理に使えて便利そう(*´꒳`*)♪

おわりに

私は、基本的に食が細く、それなのに真夏は更に食欲が落ちるので本当に困っています(=ω=;)ウムム…

さっぱりメニューばかりになりがちなのですけど、それだと旦那くんまでバテてしまいますよね。きちんとスタミナ回復メニューも交えつつ、近々訪れるであろう猛暑を(今年は昨年ほどの猛暑でないことを願いますが…)しっかりと乗り越えられるよう、今年も踏ん張っていきたいと思います ୧(๑ ⁼̴̀ᐜ⁼̴́๑)૭

そんなこんなで、
本日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

初回投稿日:2016年7月25日
最終更新日:2019年7月4日

ページトップボタン